基本方針・取り組み

お客さま本位の業務運営に関する基本方針

高山信用金庫は、創業当初からの不変の精神である「相互扶助・共存共栄」を念頭に、金融ニーズへの一層適切な対応のもと、お客さまの安定的な資産形成に資する取組みを実践するため、「お客さま本位の業務運営に関する基本方針」を定め、これを遵守するとともに、定期的な見直しを実施し、お客さま本位の業務運営に取組んでまいります。

1.お客さまの多様なニーズに応えるべく、金融商品・サービスのご提供を図ります。

  • お客さまの投資意向やリスク許容度に応じた最適な商品をご提案できるよう、投資運用会社等から幅広く商品情報を収集し商品の品揃えに努めます。
  • お客さまの多様なニーズにお応えできるように商品ラインナップの見直しを定期的に実施します。
  • 商品導入にあたっては商品の特性やリスクを十分把握して選定するように努めます。
  • お客さまの安定的な資産形成を促すために、お客さまの金融商品に関する知識・経験・財産状況等を踏まえ、ご意向に合った最適な商品をご提案いたします。

2.金融商品のご提案に際しては、適切な投資判断に必要となる重要な情報を充実させるとともに、十分ご理解いただけるよう分かりやすく説明することに努めます。

  • お客さまに対して金融商品・サービスの販売・推奨を行なう際には、その選定理由や当該商品固有の特性のほか、各金融商品・サービスに含まれるリスクやご負担いただく手数料等費用について、分かりやすく丁寧な説明に努めます。

3.お取引におけるお客さまとの利益相反の可能性について適切に管理します。

  • 別に定められている「利益相反管理規程」を遵守し、利益相反のおそれのある取引を適切に管理するための態勢を整備するとともに、お客さまの利益が不当に損なわれることがないように対応してまいります。

4.お客さまのニーズにお応えできる職員の育成を実践してまいります。

  • 職員に対し、商品知識の向上やお客さまの様々なニーズにお応えできるよう、研修をはじめとする教育体制の充実を図り職員の育成に取り組んでまいります。

以上

ページの先頭へ戻る