専業主婦でも借りられるカードローンはどれ?契約者貸し付け対応ならすぐに借りられる

家計をうまく管理する専業主婦の人でも、急な出費が重なりお金が足りなくなることもあるでしょう。

夫に知られずにお金を借りる方法がないか、考えたことがある人も多いのではないでしょうか?

専業主婦は収入がないためカードローンを利用できないと思われがちですが、銀行カードローンや消費者金融の配偶者貸付は利用可能です。

この記事では、専業主婦が利用できるカードローンのご紹介や、カードローン以外でお金を借りる方法を解説します。

ひとりで悩む前に、ぜひこの記事を参考にしてください。

この記事でわかること
  • 専業主婦が利用できるのは、銀行カードローンと消費者金融系カードローンの配偶者貸付の2種類
  • 専業主婦が利用するなら、ネット銀行や地方銀行のカードローンがおすすめ
  • 借入限度額は10~50万円程度が一般的
  • 銀行カードローンは夫に秘密で借入可能
  • 銀行カードローンなら収入証明は必要なく、本人確認書類のみで借入できる
  • カードローン以外で専業主婦がお金を借りるなら、契約者貸付や質屋の利用がおすすめ

専業主婦が利用できるカードローンは2種類ある

専業主婦が利用できるカードローンは、銀行カードローンと消費者金融系カードローンの2種類です。

消費者金融のような貸金業者は総量規制の対象になるため、本来、収入のない専業主婦は利用できません。

総量規制とは、貸付金額を年収の1/3までに制限する法律のこと。

専業主婦の年収は0円、つまり貸付金額も0円になるためです。

しかし、一部の消費者金融には配偶者貸付の制度があります。

配偶者貸付とは、夫婦の年収を合算した金額の1/3までの融資が受けられる制度のことです。

つまり、本人に収入がなくても夫に安定した収入があれば融資が受けられます。

一方、銀行カードローンでは銀行法が適用されます。

銀行法では、総量規制のような年収に対する融資の制限は設けられていません。

そのため、収入のない専業主婦でも自分名義で銀行カードローンが利用可能です。

ネット銀行や地方銀行のカードローンは専業主婦でも利用可能

ネット銀行や地方銀行のカードローンは専業主婦でも利用可能

ネット銀行や地方銀行のカードローンは専業主婦でも利用可能です。

一方、メガバンクや大手銀行は収入のない専業主婦では申し込みできません。

しかし、自社口座の開設不要で利用できる銀行カードローンも多いため、口座の有無にとらわれずに利用しやすいカードローン選びが重要です。

申し込み可能な人の条件は、配偶者に安定した収入がある20歳以上の人

専業主婦が銀行カードローンを利用できる条件は以下の通りです。

  • 配偶者に安定した収入があること
  • 20歳以上であること
  • 一定の審査基準を満たすこと
  • 日本国内に居住していること
  • 外国籍の方は永住者であること

年齢の上限は、ローン会社により65歳や70歳など異なります。

他には、自社の銀行口座を開設していることが条件になるローン会社もあります。

必要書類は基本的に本人確認書類のみ

専業主婦が銀行カードローンを申し込む際の必要書類は、本人確認書類のみです。

夫の収入証明書類は必要ありません。

本人確認書類は、以下の中から1点もしくは2点が必要です。
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民票など

本人確認書類として認められる書類は、ローン会社により多少異なります。

借入限度額は10万円~50万円程度

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合、借入限度額は10〜50万円が一般的です。

1つのローン会社で十分な借入金が得られない場合は複数社の利用も可能ですが、借入可能な合算金額は100万円程度と考えておきましょう。

ただし、100万円を超えない場合でも3社以上の借入は難しいのが現状です。

融資までのスピードは最短でも翌日になる

申し込みから融資までのスピードは最短でも翌日、2〜5日ほどかかるローン会社もあります。

即日融資ができない理由は、審査の際に警察庁データベースへの照合作業が必要なためです。

照合の結果は最短でも翌日になるため、自動的に融資も翌日以降になります。

銀行カードローンなら夫に秘密で借入可能

銀行カードローンであれば、家族に内緒でお金が借りられます。

理由は、契約者は専業主婦本人であるためです。

契約の際は個人情報保護法が適用されるため、たとえ配偶者でも第三者に契約内容が漏れることはありません。

さらに在籍確認もないため、夫の勤務先に電話連絡は入らないので安心してください。

カードや契約書の控えなどは郵送で届きますが、銀行名で届くため怪しまれる可能性も少ないです。

注意ポイントは即日融資できないことや審査に通らない可能性があること

専業主婦が銀行カードローンを利用する際に気をつけるポイントは以下の3点です。

  • 即日融資はできない
  • 本人や配偶者に信用情報機関に問題があると、審査に通らない可能性がある
  • 複数社に申し込む場合は、1社ごとに融資が確定してから申し込む

信用情報機関とは、ローン会社と個人の顧客との間で交わされた貸付契約に関する情報が登録されている機関のこと。

借入金の金額や返済状況などが登録されています。

ローン会社は審査の際必ず信用情報機関へ申込者の照会をし、貸付に関する状況を確認するため、信用情報に問題があると審査に通らない可能性があります。

限度額が理由で複数社から借入する予定の人は、1つのローン会社で手続きが終わってから次のローン会社に申し込みをしましょう。

複数のローン会社に同時に申し込みをすると、審査で落とされてしまう可能性が高くなります。

専業主婦が利用できるネット銀行カードローンおすすめ5選

専業主婦が利用できるネット銀行カードローンおすすめ5選

ここでは、おすすめのネット銀行カードローン5社をご紹介します。

なお、ご紹介する銀行カードローンは、すべて専業主婦が利用可能なローン会社です。

金利借入方法返済方法限度額無利息期間
セブン銀行カードローン12.0~15.0%
  • カードでATMから現金を引き出し
  • アプリ利用でATMから現金を引き出し
  • 銀行の口座へ振込
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
10万円~300万円無し
イオン銀行カードローン3.8%~13.8%
  • カードでATMから現金を引き出し
  • イオン銀行口座へ振込
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
10万円~800万円無し
PayPay銀行カードローン1.59%~18.0%
  • カードでATMから現金を引き出し
  • 銀行口座へ振込
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
10万円~1,000万円初回借入日から30日間
楽天銀行カードローン1.9%~14.5%
  • カードでATMから現金を引き出し
  • 銀行口座へ振込
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
10万円~800万円無し
新生銀行カードローン4.5%~14.8%
  • カードでATMから現金を引き出し
  • 銀行口座へ振込
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
10万円~500万円無し

セブン銀行カードローンは借入返済時の手数料が0円

セブン銀行カードローンは、借入や返済時の手数料が0円です。

ATM利用時やセブン銀行口座への入金時に手数料は一切かかりません。

手続きも早く、申し込み日から最短翌日で借入可能です。

金利12.0~15.0%
借入方法
  • カードでATMから現金を引き出し
  • アプリ利用でATMから現金を引き出し
  • 銀行の口座へ振込
返済方法
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
限度額10万円~300万円
無利息期間無し

イオン銀行の金利は13.8%・他社よりお得な金利が魅力

イオン銀行は金利の低さが魅力です。

通常の金利は13.8%と、今回ご紹介するカードローンの中でもっとも低い金利になります。

申し込みから借入までにかかる時間は、イオン銀行口座を持っている人は3日程度、持っていない人は5日程度です。

金利3.8%~13.8%
借入方法
  • カードでATMから現金を引き出し
  • イオン銀行口座へ振込
返済方法
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
限度額10万円~800万円
無利息期間無し

PayPay銀行カードローンには初回借入日から30日間の無利息期間がある

PayPay銀行カードローンは、無利息期間があることが魅力。

初回借入日から30日間は利息がかかりません。

銀行カードローンは無利息期間を設けていないところが多いため、30日間の無利息期間は大きなメリットになるでしょう。

申し込みから最短翌日で借入可能です。

金利1.59%~18.0%
借入方法
  • カードでATMから現金を引き出し
  • 銀行口座へ振込
返済方法
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
限度額10万円~1,000万円
無利息期間初回借入日から30日間

楽天銀行カードローンは楽天ユーザーにおすすめ

楽天カードローンは、楽天ユーザーにおすすめです。

楽天ランクに応じて審査時に優遇措置がとられたり、利用額に応じて楽天ポイントがもらえたりする特典があります。

申し込みから借入までは最短当日のスピード融資が可能です。

金利1.9%~14.5%
借入方法
  • カードでATMから現金を引き出し
  • 銀行口座へ振込
返済方法
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
限度額10万円~800万円
無利息期間無し

新生銀行スマートカードローンプラスは新生銀行の口座がなくても申し込み可能

新生銀行スマートカードローンプラスは、新生銀行の口座がなくても申し込み可能。

新規申し込みキャンペーンを行うことも多いため、お得に利用できる機会も多いです。

最短翌日で借入ができます。

金利4.5%~14.8%
借入方法
  • カードでATMから現金を引き出し
  • 銀行口座へ振込
返済方法
  • 銀行口座からの引き落とし
  • ATMから現金で返済
  • 指定口座への振込
限度額10万円~500万円
無利息期間無し

新生銀行スマートカードローンプラスは、2023年1月4日以降は「SBI新生銀行カードローン」に名称変更します。

多くの地方銀行カードローンでも専業主婦の借入が可能

多くの地方銀行カードローンでも専業主婦の借入が可能

多くの地方銀行カードローンでも専業主婦の借入が可能です。

特に主婦の借入可能な銀行口座をすでに持っている人は、該当銀行のカードローンを申し込めば手続きが早く終了するでしょう。

主な地方銀行の主婦の借入可否をご紹介します。

北海道・東北地方

銀行名主婦の借入
北海道銀行「ラピッド」不可
北都銀行「スピードカードローンNeo」可能
東北銀行「イーノス」可能
青森銀行「Aキャッシング」可能
荘内銀行「カードローン1000」可能
七十七銀行「77ワイドローン」可能
みちのく銀行「トモカ」可能
山形銀行カードローン可能
東邦銀行TOHOスマートネクスト不可
秋田銀行「あきぎんスマートネクスト」可能
岩手銀行「エルパス」可能

関東地方

群馬銀行「ナイスサポートカード」可能
武蔵野銀行「むさしのモビット」可能
横浜銀行カードローン可能
足利銀行「モシカ」不可
千葉銀行「ちばぎんカードローン」可能
山梨中央銀行「waku waku Smart」可能
常陽銀行カードローン可能
千葉興業銀行「リリーフ」可能
筑波銀行「アスジョイアルファ」可能
きらぼし銀行カードローン可能

信越・北陸地方

第四北越銀行「ASCA」可能
北陸銀行「カードローン スーパーNOW」可能
福井銀行カードローン可能
八十二銀行「かん太くんカード」可能
富山銀行「スピード王MAX」可能
北國銀行「DAY SMART」不可

東海地方

静岡銀行「セレカ」可能
大垣共立銀行「ザ・マキシマム」可能
百五銀行「DREAM」不可
スルガ銀行カードローン可能
十六銀行「Q-LOAN」可能
清水銀行「しみずピア」不可
三十三銀行カードローン可能

近畿地方

滋賀銀行「サットキャッシュ」不可
池田泉州銀行カードローン可能
但馬銀行カードローン可能
京都銀行「ダイレクト」不可
南都銀行「キャッシュクイック」可能
関西みらい銀行カードローン不可
紀陽銀行「カードローンプラス」可能

中国・四国地方

鳥取銀行カードローン可能
中国銀行「コ・レ・カ」可能
山口銀行「マイカードやまぐち君」不可
山陰合同銀行「キャッシュバンクネオ」可能
広島銀行「マイライフプラス」可能
阿波銀行「パワーアップカードローン」可能
伊予銀行「新スピードカードローン」可能
百十四銀行「114ニューカードローン」可能
四国銀行「4,S」可能

九州・沖縄地方

福岡銀行カードローン可能
佐賀銀行カードローン不可
宮崎銀行「おまかせくん」可能
筑邦銀行カードローン可能
十八親和銀行カードローン可能
鹿児島銀行「かぎんカードローンS」可能
西日本シティ銀行「NCB キャッシュエース」可能
肥後銀行WEBカードローン不可
琉球銀行「しあわせのカードローン」可能
北九州銀行「きたきゅう君」不可
大分銀行「ハッピーカードローン」可能
沖縄銀行「チェキット」不可

このように、多くの地方銀行で専業主婦の借入が可能になっています。

しかし、銀行カードローンは即日融資ができません

即日融資を希望の人は、消費者金融の配偶者貸付を検討してみましょう。

消費者金融の配偶者貸付は世帯年収の1/3までの融資が受けられる制度

消費者金融の配偶者貸付は世帯年収の1/3までの融資が受けられる制度

消費者金融の配偶者貸付とは、夫婦の年収を合算した金額の1/3までの融資が受けられる制度のことです。

銀行カードローンとの大きな違いは、配偶者の同意が必要なこと。

つまり、専業主婦が夫に秘密で借入はできません。

本人に関する書類だけでなく配偶者に関する書類も必要になる

配偶者貸付では、以下すべての書類が必要です。

  • 本人と配偶者それぞれの本人確認書類
  • 夫婦の氏名と続柄が記載されている住民票
  • 配偶者直筆の同意書

配偶者貸付の場合は専業主婦本人だけでなく、収入がある配偶者に関する書類も必要となります。

配偶者貸付は夫に秘密で借入はできない

必要書類からわかるように、配偶者貸付の場合は夫に秘密で借入はできません。

もっとも大きな理由は、夫の直筆の同意書が必要になるためです。

場合によっては、夫の収入証明書類が必要な場合もあります。

これらのことから、消費者金融の配偶者貸付は夫に秘密で借入できないことを覚えておきましょう。

専業主婦が利用できる消費者金融の配偶者貸付おすすめ2選

配偶者貸付はすべての消費者金融で行っている訳ではありません。ここでは、配偶者貸付を行っているおすすめ消費者金融2社をご紹介します。

金利借入方法返済方法限度額無利息期間
ベルーナノーティス4.5%~18.0%
  • カードでATMから現金を引き出し
  • 銀行口座へ振込
  • 銀行口座からの引き落とし
  • 指定口座への振込
1万円~300万円
  • 初回借入日から14日間
  • 完済済後の借入日から14日間
レディースキャッシング エレガンス10.00%~18.00%銀行口座へ振込
  • 銀行口座からの引き落とし
  • 指定口座への振込
1万円~50万円無し

ベルーナノーティスは14日間の無利息期間が何度でもある

ベルーナノーティスは、14日間の無利息期間が魅力的です。

初回借入日から14日間適用される他、借入金を完済した後の借入日からも14日間適用されます。

完済後の無利息期間は何度でも利用可能なため、うまく利用すれば無利息で何度でも借入可能です。

ただし、2回目以降の無利息期間が適用されるのは、完済後3ヶ月あけることが条件になります。

金利4.5%~18.0%
借入方法
  • カードでATMから現金を引き出し
銀行口座へ振込
返済方法
  • 銀行口座からの引き落とし
  • 指定口座への振込
限度額1万円~300万円
無利息期間
  • 初回借入日から14日間
  • 完済済後の借入日から14日間

レディースキャッシング・エレガンスは最短30分で借入可能

レディースキャッシング・エレガンスは、最短30分のスピード融資が可能です。

ただしATM利用ができないため、借入方法は振込のみになります。

金利10.00%~18.00%
借入方法銀行口座へ振込
返済方法
  • 銀行口座からの引き落とし
  • 指定口座への振込
限度額1万円~50万円
無利息期間無し

カードローン以外で主婦がお金を借りられる2つの方法

カードローン以外で主婦がお金を借りられる2つの方法

カードローン以外で主婦がお金を借りられるおすすめの方法は、契約者貸付と質屋の利用の2つです。

生命保険の契約者が利用できる契約者貸付

1つ目は、契約者貸付です。

契約者貸付とは、生命保険の契約者が利用できる借入制度のこと。

主に終身保険や個人年金保険などの貯蓄型保険が対象で、解約返戻金の一定の範囲内でお金が借りられる制度です。

払込済の保険料を基にお金を借りるため審査がない

契約者貸付は払込済の保険料を基にお金を借りるため、審査の必要はありません。

審査がないということは、総量規制の対象外。

つまり、信用情報にも影響しません。

そのため、他社で借入金があっても契約者貸付は利用できます。

一般的に金利はカードローンより低い

契約者貸付の金利は2.0〜6.0%前後が一般的。

カードローンに比べて低いことが特徴です。

金利は保険会社や保険商品、契約時期により異なりますが、予定利率の高い契約ほど契約者貸付の金利も高くなります。

具体的な金利が知りたい場合は、保険会社のホームページや問い合わせをすることで確認できます。

貸付限度額は解約返戻金の7~9割程度

貸付限度額は解約返戻金の7~9割程度

契約者貸付の限度額は、一般的に解約返戻金の7~9割程度です。

金利と同様に、保険会社に問い合わせにより確認できます。

契約者貸付を利用できるのは契約者のみ

契約者貸付を利用できるのは、契約者のみです。

例えば、「契約者=夫・被保険者=妻・受取人=夫」の形態で契約している保険の場合、利用できるのは夫のみで妻は利用できません。

専業主婦が被保険者の保険は夫が契約者になっている契約も多いため、利用を検討する際は契約形態を確認してみましょう。

利息は複利計算される

契約者貸付の利息は複利計算されます。

複利とは利息を計算する際の対象金額を「元金+利息」で計算する方法のこと。

元利金とは利息を含めた借入金のことです。

例えば、20万円の元金に対し利息が1万円・借り入れ1年目で返済しなかった場合、2年目は「20万円+1万円」の21万円に対して利息がかかります。

そのため、返済をせずに長期間借入を続けると、気がつかないうちに元利金が多額になる可能性があります。

長期間返済予定がない場合は、利息だけでも毎年返済しておくよう意識しましょう。

返済期日は決められていない

契約者貸付でお金を借りた場合、返済期日は決められていません。

ただし、満期保険金や死亡保険金を受け取る段階で借入残高が残っている場合は受け取る金額と相殺されるため、保障が少なくなってしまいます。

さらに、借入残高が解約返戻金を上回った場合は保険契約が失効する可能性があるため、返済期日が決められていなくても計画的に返済を行うことが重要です。

価値のある品物を担保にお金が借りられる質屋

2つ目は、質屋を利用することです。

質屋とは、貴金属やブランド品などの価値のある品物を担保にお金が借りられる制度です。

利用時に審査はなく、査定が終了次第お金が借りられます。

金利はカードローンより高い

質屋の金利は質屋営業法により定められた上限金利の範囲内で自由に定められるため、カードローンより高いことが一般的です。

質屋営業法 第三十六条

質屋に対する出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(昭和二十九年法律第百九十五号)第五条第二項の規定の適用については、同項中「二十パーセント」とあるのは、「百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年百九・八パーセントとし、一日当たりについては〇・三パーセントとする。)

引用元:質屋営業法(昭和二十五年法律第百五十八号)

上限金利は、1日0.3%

つまり、月利は9%、年利にすると108%です。

消費者金融の平均年利は18%、今回ご紹介した銀行カードローンの平均年利は15%

どの程度の違いがあるのか、以下の表で確認してみましょう。

質屋消費者金融銀行カードローン
月利9%1.5%1.25%
10万円借りた場合の1ヶ月目の利息9,000円1,500円1,250円

1ヶ月目で7,500円以上の利息の差が生じます。

借入までのスピードが早い質屋ですが、利息を考慮するとカードローンよりもしっかりとした返済計画が必要となるでしょう。

貸付限度額は査定額の7~8割程度

質屋の貸付限度額は査定額の7〜8割程度が一般的です。

査定金額は質屋により異なるため、納得いく査定が行われなかった場合は他の店と比較してみましょう。

利息の返済期限は3ヶ月

質屋は借入金の返済期限を設けていません。

しかし、利息分は借入から3ヶ月以内に支払う必要があります。

一般的に質屋は月利で利息を計算するため、初めての支払いを3ヶ月後にする場合は3ヶ月分の利息を支払う必要があります。

借入金や利息を返済できない場合は質流れになる

3ヶ月の期限を過ぎても利息分を返済できない場合は、質流れとなります。

質流れとは、借入金や利息を返済できなかった場合に、担保に預けた品物を質屋側が売却すること。

つまり、返済できない場合は預けた品物は戻ってきません。

専業主婦でも複数の借入方法がある・特徴を把握し自分に合った方法を

専業主婦でも複数の借入方法がある・特徴を把握し自分に合った方法を

この記事では専業主婦がお金を借りる方法をご紹介してきました。

収入のない専業主婦でもお金を借りる方法があることに安心した人も多いのではないでしょうか?

銀行カードローンや消費者金融の配偶者貸付、契約者貸付や質屋の利用など、それぞれにメリットデメリットがあるため、どの方法が適しているかは借入金額や返済予定時期により異なります。

できるだけお得な条件で借入できるよう、特徴を理解し自分に合った借入方法を選びましょう。

参考オンライン資料

セブン銀行カードローン

セブン銀行 金利

イオン銀行カードローン

【イオン銀行カードローン】カードローンは誰でも申込みできますか?

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローン 専業主婦なのですが、申し込みはできますか

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン カードローンにお申込いただける方

新生銀行 スマートカードローンプラス

新生銀行 スマートカードローンプラス よくある質問

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス 配偶者貸付

レディースキャッシング エレガンス

おすすめの記事