総量規制対象外のカードローン一覧!年収の3分の1以上あっても借りられる

年収の3分の1以上であっても借りられる総量規制対象外のカードローンを、一覧でご紹介します。

総量規制対象外のカードローン4種類や総量規制対象外のカードローンの審査、違法業者に関しても説明しています。

総量規制以上の金額の借入を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 総量規制対象外のカードローンには4種類ある
  • 総量規制対象外のプランがある消費者金融
  • 総量規制以上の借入をする際の審査は甘くない
  • 総量規制対象以上の借入をする際は違法業者に注意が必要
  • 目的別の総量規制対象外の利用できるカードローン

総量規制対象外のカードローンは年収の3分の1以上借りられる

総量規制対象外のカードローンは、年収の3分の1以上の金額を借りられます。

総量規制対象のものは、借入金額の上限が年収の3分の1までと決められているため、それ以上の借り入れはできません。

総量規制対象外であれば借入金額に上限が無いため、年収の3分の1以上借入ができます。

なぜ総量規制対象外のカードローンがあるかというと、総量規制内の借入では資金が足りず、悪質業者を利用したり金融犯罪に巻き込まれたりする人がでてくるためです。

総量規制対象外のカードローン4種類

総量規制対象外のカードローンには、4種類あります。

  • 例外貸付
  • 除外貸付
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピング枠

例外貸付は総量規制対象となる借入残高に算入されますが、除外貸付は算入されません

銀行カードローンとクレジットカードのショッピング枠は、貸金業者からの借入ではないため、総量規制対象外です。

以下で、具体的な内容をみていきましょう。

例外貸付は総量規制の対象となる借入残高に算入される

例外貸付は総量規制の対象となる借入残高に算入される

例外貸付は、個人の利益の保護に支障がなければ、例外として総量規制以上の金額を借りられる契約です。

総量規制以上の金額を借りることによって、借りた側が有利になるような借入であれば総量規制の対象金額に含まれず、借入が認められます。

借りた側が不利益を被る場合、例外としては認められません。

借りた金額は、総量規制の対象となる借入残高に算入されます。

そのため、借りた金額の年収3分の1を超える部分を返済し終えなければ、総量規制対象外のカードローン以外で、新たな借り入れができません。

例外貸付の例として、おまとめローンや借り換えローンがあります。

これらは借入を低金利の借入先に一本化し、利息総額が減るため、借主の利益の保護に支障がないと判断されます。

個人事業主の人は、ビジネスローンも利用可能です。

事業資金は高額で制限すると必要資金が足りなくなるため、例外貸付となっています。

ビジネスローンは、大手消費者金融でも取扱いがあります。

他にも、配偶者が働いていれば配偶者貸付が利用可能です。

基本的には返済能力が重要視される例外貸付ですが、配偶者貸付の場合、本人が働いていなくても夫婦の年収合計の3分の1までの金額を借りられます。

除外貸付は総量規制の対象となる借入残高に算入されない

除外貸付は、総量規制になじまない貸付の契約です。

除外貸付で借りたお金は使用用途が決められており、自動車や住宅購入など高額な買い物に利用するため、総量規制に馴染まないものと捉えられます。

例外貸付と異なり、総量規制の対象となる借入残高に算入されません

そのため、既に除外貸付で年収357727の3分の1以上借りてしまっていても、返済せずに他の借入ができます。

例えば、年収が300万円の人であれば、総量規制の借入上限額は100万円です。

総量規制対象の借入が20万円あり、除外貸付が80万円ある場合、除外貸付分の80万円は借入残高に算入されないため、80万円分は他の借入ができます。

除外貸付の例は、住宅ローンや自動車ローンなどです。

住宅や自動車の購入は高額になる可能性が高いため、除外貸付となっています。

除外貸付の場合、資金用途が定められているため、自己判断で借りたお金を使えません。

銀行カードローンは銀行からの貸付のため総量規制の対象外である

銀行カードローンは、貸金業者ではなく銀行からの貸付のため、総量規制の対象外です。

しかし、銀行カードローンは2017年から貸付上限を年収の3分の1に制限する自主規制をしており、返済能力を細かくチェックされます。

年収の3分の1以上になると高額融資が多く、高額融資によって借主が多重債務になると、貸主が法的に裁かれる可能性があるからです。

銀行には定期的に金融庁の調査が入っており、年収の3分の1以上のお金を借りるのは難しいでしょう。

クレジットカードのショッピング枠は購入金額の立て替えのため総量規制の対象外である

クレジットカードのショッピング枠は、お金を借りているとみなされないため、総量規制の対象外です。

借入をしているのではなく、購入金額を立て替えている状態のため、貸金業法が適用されません。

一方、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象です。

借りたお金を現金で受け取れるため、貸金業法が適用されます。

しかし、キャッシング枠は契約時に借入限度額が決まるため、借入時の借入残高に関係なく借りられる可能性があります。

総量規制対象外のカードローン一覧

総量規制対象外のカードローン一覧

総量規制対象外のカードローンの一覧が、以下の通りです。

アイフルプロミスSMBCモビットレイクALSAアコムLINEポケットマネー
借入限度額800万円300万円500万円500万円300万円300万円
金利3.0%~17.5%6.3%~17.8%3.0%~18.0%6.0%~17.5%7.7%~18.0%3.0%~18.0%
融資までの時間最短即日最短即日最短即日最短即日最短即日最短翌日
最長返済期間10年10年13年4か月10年12年3か月不明
最大返済回数120回120回160回120回146回不明

アイフルやプロミス、レイクALSAが金利上限18.0%をきっており、他の3社と比べて低金利となっています。

SMBCモビットとアコムが最長返済期間10年以上で長いため、毎月の返済金額を低く抑えられます。

総量規制対象外のプランがある消費者金融6選

総量規制対象外のプランがある消費者金融6選

総量規制対象外のプランがある消費者金融を、6つご紹介します。

消費者金融での総量規制対象外のプランは、例外貸付のおまとめローンと借り換えローンの2種類です。

消費者金融によっては、一本化の対象が広かったり、郵送物無しやカードレスに対応していたりと、金融機関ごとに特徴があります。

以下で、具体的な内容をみていきましょう。

アイフルは銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いも一本化の対象になる

アイフルは、他の貸金業者からの借入だけではなく、銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いも一本化の対象です。

アイフルではアイフル利用中の人はおまとめMAX、利用していない人はかりかえMAXを契約すると、総量規制以上の金額を借りられます。

お金の借入先を一本化する契約で、一本化する前より返済総額が低くなります。

さらに、返済先が一つになるため、返済の管理が容易になるのがメリットです。

郵送物や電話連絡無し、カードレスのため、家族など身近な人に借入を知られたくない人でも安心して借りられます。

来店予約で、最短即日融資もできます。

金利などの基本情報は、以下の通りです。

借入限度額800万円
金利3.0%~17.5%
融資までの時間最短即日
最長返済期間10年
最大返済回数120回

プロミスは即日融資ができる

プロミスでは、おまとめローンで総量規制以上の金額が借りられ、即日融資が可能です。

申し込みは、自動契約機や電話、店頭窓口で申し込めます。

自動契約機や店頭窓口の場合、必要書類がその場で発行されるため、即日融資希望の人はどちらかの方法で申し込むと良いでしょう。

主婦や学生でも、本人に安定した収入のある人は申し込みできます。

金利などの基本情報は、以下の通りです。

借入限度額300万円
金利6.3%~17.8%
融資までの時間最短即日
最長返済期間10年
最大返済回数120回

SMBCモビットは審査結果をSMSで受け取れる

SMBCモビットは審査結果をSMSで受け取れる

SMBCモビットは、審査結果がSMSで届くため、オペレーターと話さず審査結果がわかる点が特徴です。

審査中も基本的には携帯に連絡が来ないため、周囲に知られたくない人におすすめできます。

プランの種類は、おまとめローンで総量規制以上の金額が借りられます。

しかし、おまとめローン申し込み対象者は、SMBCモビットでカードローンを既に申し込んでいる人です。

カードローンで着実に返済している人は、信用度が高く、おまとめローンでも総量規制以上の金額を借りられる可能性が高いといえます。

金利などの基本情報は、以下の通りです。

借入限度額500万円
金利3.0%~18.0%
融資までの時間最短即日
最長返済期間13年4か月
最大返済回数160回

レイクALSAは返済のみで新たな借り入れはできない

レイクALSAは、アルサdeおまとめで年収の3分の1以上の借入があっても、借入先の一本化ができます。

しかし、この商品は返済のみとなっており、新たな借り入れはできません。

さらに、レイクALSAで他の商品と契約している場合、アルサdeおまとめは契約できません。

他者からの借入の返済は、レイクALSAが申込者の名前で借入先に直接振込します。

金利などの基本情報は、以下の通りです。

借入限度額500万円
金利6.0%~17.5%
融資までの時間最短即日
最長返済期間10年
最大返済回数120回

アコムはWebで申込から契約まで完結できる

アコムは、Webで申込から契約まで完結できるため、店舗や自動契約機に行く手間が省けます。

プランの種類は借り換え専用ローンで、総量規制対象以上の金額が借りられます。

借り換えの対象は、消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシングに限り、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は対象外です。

原則、勤務先への在籍確認の電話はないため、勤務先に借入を知られたくない人でも問題なく借りられます。

返済期間が他社よりも長めで、毎月の返済額を少なく抑えられます。

金利などの基本情報は、以下の通りです。

借入限度額300万円
金利7.7%~18.0%
融資までの時間最短即日
最長返済期間12年3か月
最大返済回数146回

LINEポケットマネーは「LINEスコア」を審査に活用している

LINEポケットマネーでは、LINEポケットマネー借りかえで借入先の1本化ができます。

「借り換え」専用のローンとなっており、追加の借入はできません。

しかし、借入先の一本化によって、返済総額を段階的に減らせる利点があります。

LINEポケットマネー借りかえでは、LINEアプリを通じた個人の行動に基づいて信用スコアを算出する「LINEスコア」を審査に活用している点が特徴です。

そのため、「LINEスコア」で高評価が得られると、他社で融資を断られた人でも借入できる可能性があります。

金利などの基本情報は、以下の通りです。

借入限度額300万円
金利3.0%~18.0%
融資までの時間最短翌日
最大返済回数180回

借りる目的別で利用できる総量規制対象外のカードローン

借りる目的別で利用できる総量規制対象外のカードローン

借りる目的別で、利用できる総量規制対象外のカードローンをご紹介します。

生活費として借入する場合は例外貸付または銀行カードローン、車や住宅、ショッピングなど目的が決まっている場合は他のローンがおすすめです。

以下で、それぞれの目的別にみていきましょう。

生活費として借入をする場合は例外貸付または銀行カードローンを利用する

生活費として借入をする場合は、例外貸付または銀行カードローンが利用できます。

例外貸付には、消費者金融のおまとめローンや借り換えローンがあります。

銀行ローンでは即日融資ができないため、すぐに借入が必要な人は消費者金融の貸付を利用すると良いでしょう。

銀行カードローンで借入をする場合、自主規制を行っているため、年収の3分の1を超える融資を受けるのは厳しいです。

車や住宅を買うために借入をする場合は除外貸付を利用する

車や住宅を買うために借入をする場合は、除外貸付が利用できます。

利用できるのは、除外貸付のマイカーローンや住宅ローンなどです。

目的以外の用途でお金は使えませんが、車や住宅購入のためであれば、他のカードローンよりも審査に通りやすい可能性があります。

マイカーローンや住宅ローンは、自動車を購入するディーラー会社が提携している信販会社や、銀行などで契約が可能です。

総量規制対象外ではあっても、ローン審査時には信用情報のデータが確認されるため、他の借入がある人はなるべく滞納せずに期日前に返済をしておきましょう。

商品の購入で借入をする場合、クレジットカードのショッピング枠を利用する

商品の購入で借入をする場合、クレジットカードのショッピング枠を利用しましょう。

総量規制である年収の3分の1までお金を借りてしまっている場合、カードローンでの新たな借入は難しいためです。

審査が通りにくい総量規制以上の借入ができるカードローンを申し込むより、クレジットカードのショッピング枠の方が利用は容易でしょう。

クレジットカードのショッピング枠は、総量規制外のため、総量規制に関係なく借入ができます。

総量規制対象外のカードローンを借りる手順3ステップ

総量規制対象外のカードローンを借りる手順3ステップ

総量規制対象外のカードローンを借りる手順を、3ステップで紹介します。

  1. 申し込むカードローンを決める
  2. カードローンを契約する
  3. カードローンで借りた金額を返済する

申し込むカードローンを決める際には、利息や融資までの時間など多面的にみて決める必要があります。

契約する際には、目的に応じて消費者金融か銀行かを選択しましょう。

以下で、それぞれの手順を具体的にみていきましょう。

1.申し込むカードローンを決める

申し込むカードローンを、利息や返済期間など多面的に見て慎重に決めましょう。

なぜなら、人によって合うカードローンは異なるからです。

借りる金額によって利息は差があり、どのくらいで返済する予定かは人によって異なります。

契約後に後悔しないように、申し込むカードローンを選びましょう。

2.カードローンを契約する

申し込むカードローンが決まったら、カードローンを契約しましょう。

消費者金融のカードローンであれば、即日の契約と融資が可能です。

銀行のカードローンの場合は、審査に時間がかかります。

総量規制対象以上の借入を希望する場合は、基本的に収入証明書の提出が必要なため、準備しておきましょう。

3.カードローンで借りた金額を返済する

カードローンを契約して借りた分のお金を、返済していきます。

返済期間が延びるほど利息額が増えていくため、なるべく早く返済できるように返済計画を立てましょう。

おまとめローンを利用した場合は、借入先の一本化によって返済先も一社になるため、返済の管理が容易になります。

さらに、借入を低金利の会社に一本化することで、返済総額を低く抑えられます。

規制対象以上のお金を借りている場合でも、借りた金額を返済して融資の枠が空けば、新規の借入が可能です。

総量規制以上の借入をする場合の審査は甘くない

総量規制以上の借入をする場合の審査は甘くない

総量規制以上の借入をする場合の審査は、甘くありません。

総量規制以上の借入対象のプランには、申し込み条件に「安定した収入があること」と記載があります。

複数の借入がある人向けのプランではありますが、返済能力以上のお金は借りられません。

無理な貸付を行って、借入をした人が多重債務になると、貸付をした側が法的に裁かれる可能性があるためです。

基本的には、申し込みの際に収入証明書が必要なため、準備しておきましょう。

これまでの借入件数や借入残高は信用情報に記録されているため、虚偽の申告によって審査は通過できません。

違法業者は利息が高いため利用は避けるべき

違法業者は法律を守っていないため、総量規制以上の借入が審査なしで即日できると勧誘している可能性があります。

正規の金融機関では審査なしで融資は行えないため、魅力的な言葉に騙されないように気をつけましょう。

なぜなら、違法業者は正規の金融機関で融資を断られた人を狙っているからです。

違法業者でお金を借りてしまった場合、法律を遵守していないため、法外な高金利や必要以上の取り立てを行う可能性があります。

聞いたことのない会社名から融資を受ける場合は、必ず登録貸金業者情報検索サービスに社名登録してあるか確認しましょう。

登録貸金業者情報検索サービス

もしも正規の金融機関で審査に通らなかった場合は、日本貸金業協会など借入の相談ができる窓口に相談し、1人で抱え込まないのが重要です。

総量規制対象外のカードローンを申し込む際には返済できるか確認をする必要がある

総量規制対象外のカードローンを申し込む際には、返済できるかをしっかりと確認する必要があります。

なぜなら、通常のカードローンよりも審査が厳しく、返済能力がないと借りられないためです。

返済能力の確認には、収入証明書を提出する必要があるため、虚偽の申告で借入はできません

自分の返済能力をしっかりと確認してから、総量規制対象外のカードローンに申し込みましょう。

おすすめの記事